幼稚園の先生|不動産業界で働きたいなら宅建の資格は必須|独学でも学習可能

不動産業界で働きたいなら宅建の資格は必須|独学でも学習可能

幼稚園の先生

大学生

幼稚園の先生になるには

幼稚園教諭を目指している人は幼稚園教諭免許状が必要です。ではその免許はどのようにして取得するのでしょうか。基本的には幼稚園教諭養成課程がある大学へ進学し取得します。大学や大学院では幼稚園教諭専修免許状と幼稚園教諭一種免許状、短期大学や専門学校などでは幼稚園教諭二種免許状が取得できます。その後、教育職員採用試験を受験し合格すると晴れて幼稚園教諭になることができます。短期大学や専門学校では2年間で集中的に勉強し、現場へ出て教育についてのノウハウを学びます。大学や大学院ではそれらに加えて、幼児教育や保育についてのより専門性の高い知識を得ることができます。将来的にどのような教諭になりたいかを見極め、進路を決定することが重要です。

大きな責任と大きな喜び

幼稚園教諭は3歳から小学校入学前までの成長が著しく精神面でも大きな変化を遂げる子供たちを預かるという、その子の人生にも関わる大変責任の重大な仕事です。学校で得た知識を使うだけでは保育は成り立ちません。実際に現場に赴き、先輩教諭の動きや子供をよく観察し仕事を辞めるまでスキル向上に努めなくてはなりません。しかし自分が担当した子供が成長し立派に小学校へ進学したときや、大人になって会いに来てくれた時の感動や喜びは他の仕事では味わうことができません。その為にまずは幼稚園教諭免許状を取得し、日々の努力を積み重ねることが必要不可欠です。この資格は他の仕事には使うことはありませんが、これを持っていれば一生涯教諭をすることが可能です。