子供の養育をする姉の姿|不動産業界で働きたいなら宅建の資格は必須|独学でも学習可能

不動産業界で働きたいなら宅建の資格は必須|独学でも学習可能

子供の養育をする姉の姿

勉強

子供の養育をこなす理由

私の姉は保育士の仕事をしており、まだ大学を出たてで20代の為もちろん現役で働いております。自分の体験談ではないのでその点においては具体性がたしかではないのは申し訳がないのですが、それでも自身はそんな大学生の頃からずっと保育士を目指して生きてきた姉を見てきましたから、姉がふと口からこぼした保育士の大変さ、或いは目指そうなら大学でも大変なことをよく理解しているつもりです。保育士の務めを終えると姉はいつもしんどいと言っていました。大学で多くを学んだ保育士といえども、担当する幼児の年齢によって苦労は大きく違うのだそうです。年少であるほど、聞き分けがよくないので、?を引っかいたり、駄々をこねたり、喧嘩が多いためです。しかし、姉はまたこれだからこそやりがいがあるし、やり通せた時の子供の笑顔が見れた時は元気がもらえるから大学の頃から保育士を目指していたというのです。

知っておくべきこととは

保育士に求められるスキルを身につけるため大学の頃から努力を問われます。上手く子供をまとめていけるリーダーシップ、プライベートでも、時間を惜しんで紙芝居や、演劇のために使う材料の調達や道具の作成をしたり、お手本となるような絵の技術を鍛えるために必要なスケジュール管理能力、子供が怪我をした時の応急処置能力など、まだ人間として形成されていない子供を扱う仕事の為、なんでも教えられるように身につけなければいけません。推薦入試で保育士養成の大学へ入れる所が今日では多いですが、現役で合格したいからという安易な気持ちで望んでは入学しては、後でついていけなくなることでしょう。しかし、なんでもこなせるお姉さんタイプの人にはかなり向いていると思います。