多様な働き方で保育を担う|不動産業界で働きたいなら宅建の資格は必須|独学でも学習可能

不動産業界で働きたいなら宅建の資格は必須|独学でも学習可能

多様な働き方で保育を担う

女性

働き方が選べる仕事

子どもの著しい成長を毎日見守り、大切な時期の保育を担う保育士はとてもやりがいのある仕事です。保育士は人気の高い職業で、子どもの頃から保育士や幼稚園の先生に憧れを抱き、将来は保育士になりたいと思っている人や社会人から保育士を目指す人も多くいます。少子化が進む日本ですが、親の負担を減らすために託児所を備えている公共施設やショッピングセンター、美容室などが増えているため、保育士が活躍できる場は広がっています。また、正職員やパートなど働き方を選べる環境も増えているため、子育てや家事と両立して働くことも可能です。保育士は国家資格なので生涯働くこともでき、妊娠や出産後に復職する人も多く、安定的に働ける仕事です。

実習の大切さ

保育士になるためには、養成学校で保育の知識をしっかり学ぶことも大切ですが、保育園で行う実習では愛情を持って子どもと接することがとても大切です。また、子どもに合わせた慣れない生活は思い通りに進まないことや疲れることが多く、体力や忍耐が必要です。養成学校での講義内容は学校によって異なりますが、保育や福祉、心理学や保健などの基礎知識を学びます。その他に、沐浴やおむつの交換、ミルクの与え方や着替えの仕方など現場で必要なことを学びます。学校によってカリキュラムが異なるので、どのようなことを学びたいか調べておくことも大切です。養成学校を修了することで保育士資格が取得でき、保育士として働くことができるので、学校でしっかり学び実習を通して楽しさや苦労を知っておくことも必要です。