不動産業界で働きたいなら宅建の資格は必須|独学でも学習可能

女性

多様な働き方で保育を担う

保育士は保育を担うプロとして様々な場で必要とされている人気のある仕事ですが、国家資格を取得しているため生涯働くことができる安定した仕事のひとつです。保育士の養成学校では保育に必要な様々な知識を学びますが、実際の現場で学ぶ実習では知識の他に保育士の楽しさや苦労などを知ることができます。

大学生

幼稚園の先生

3歳から小学校入学前の子供をあずかる幼稚園教諭では、専門の大学で幼稚園教諭免許状を取得する必要があります。仕事を辞めるまで日々の努力を積み重ねスキルを向上させる必要がありますが、担当した子供が立派に進学したときや大人になり会いにきてくれた時の喜びは他のどの仕事でも経験することはできません。

お金をかけずに資格を取得

住宅模型

マイペースで学習できる

宅建の独学するメリットとして、自分のペースに合わせてゆっくりと学習できる点があげられます。宅建の勉強は試験日の約1年前〜9ヶ月前からスタートするのが一般的です。資格学校の宅建講座や通信教育のカリキュラムは、1年間から6ヶ月間で基礎から応用まで、合格に必要な知識を身につけられるようになっています。しかし、そのためには1日1時間から2時間の学習時間を確保することが必要です。仕事や学業、毎日の家事などで忙しい人が、毎日まとまった学習時間を確保するのは難しいのが現実です。その点、独学なら初めから2年計画、3年計画でゆっくりと学習を進めることができます。勉強する時間が確保できたときにまとめて勉強し、忙しいときはしばらく勉強をお休みするなど、ライフスタイルに合わせた学習ができるのが、独学の魅力です。

コストを重視するなら

宅建受験者の過半数近くが独学だとされています。特に、不動産会社に勤務している人など、職業がら不動産取引について予め基本的な知識を持っている人が宅建を受験する場合には、独学を選択することが多くなっています。独学を選ぶ理由は人それぞれですが、資格学校に通ったり通信教育を受ける場合に比べて経済的な負担を少なくすることができるというのが、独学を選ぶ大きな理由となっているのは間違いありません。宅建を独学するには、書店などで市販されているテキストや問題集、過去問などを購入するだけでよいため、資格学校の宅建講座に通ったり、通信教育を申し込むよりも大幅に安い費用で宅建の勉強ができます。できるだけお金をかけずに資格の取得を目指す場合は、独学を選択するとよいでしょう。

勉強

子供の養育をする姉の姿

傍目で見ても保育士は大変ですが、同時にやりがいも大きい職業です。多くを知らない子供たちの為に分野を問わずなんでもマルチにこなせる能力を大学生の頃から身につけておくことが大切です。安易な気持ちが無ければきっと大丈夫です。